気管支炎の影響と対処法

決して、気管支炎の影響を甘くみてはいけません。では、一体どんな影響を受けるのでしょうか。気管支炎の影響について詳しく説明します。

・日常生活への影響

気管支炎が悪化すると階段の上り下りだけで息切れします。気軽に外出もできず、好きなスポーツや運動もできなくなるでしょう。また、入浴時も息がしにくくなります。悪影響によって体調不良、ストレスも感じやすくなるのです。最悪なケース、自宅にいるときは常に酸素吸入、外出するときは携帯用の酸素ボンベが必要になる恐れもあります。

・放置するとどうなるか

気管支炎を放置するとCOPDや肺炎など命にかかわる病気へと進行します。気管支は肺につながっているため、当たり前にしていた呼吸がうまくできなくなるのです。肺炎はとても怖い病気なので、できるだけ早めに気管支炎の治療をしておかなければなりません。

 

もし、気管支炎になった場合、どう対処すればいいのでしょうか。適切な対処をすれば悪化しないうちに気管支の炎症を抑えることができます。では、気管支炎の対処法について説明しましょう。

・食事について

気管支炎の症状を抑える食べ物があります。パイナップル、はちみつ、大根です。パイナップルには緊張した筋肉をやわらげてくれるタンパク分解酵素が含まれています。大根には抗菌作用、はちみつには炎症を抑え、免疫力を高める力があるのです。細菌・ウイルスをやっつけるためにも栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

・喉の保護

気管の炎症を抑える4つのチェックポイントがあります。「安静」「保温」「加湿」「水分補給」です。中でも喉(のど)の保護、保温・加湿が大きなポイントになるでしょう。炎症は乾燥が原因でもあります。粘膜を取り戻すには保温・加湿が必要不可欠です。加湿器をつける、マスクをするなどうるおいを大切にしてください。

・そのほか

もし、タバコを吸っているのであれば禁煙を心がけてください。タバコを吸い続けている限り、気管支の炎症は治まりません。ヘビースモーカーは急にやめることが難しいでしょう。よって、まずは数を減らすところから始めてみてください。

・注意点

気管支炎の炎症を悪化させる食べ物があります。たとえば、湯気がたっている鍋物です。湯気がたくさん出ている食べ物は逆に喉に刺激を与えてしまいます。また、香辛料やポン酢など刺激が強すぎる食べ物もNGです。