気管支炎のタイプ、慢性気管支炎の鍼灸治療法について説明します

慢性気管支炎とは、気管支内における持続性あるいは反復性の炎症の病状をいいます。気管支炎は、太い気道である気管から枝分かれした、左右の気管支に起こる炎症です。通常、細菌やウイルスへの感染によって起こりますが、ガスや粒子の刺激によっても起こります。持続性あるいは反復性の痰を伴う咳が少なくとも連続して過去2年以上、毎年3カ月以上続くものを慢性気管支炎と言います。

気管支炎のタイプ
急性気管支炎:90日以内で治まる慢性気管支炎。
慢性気管支炎:慢性気管支炎の症状がそれ以上、ときには数カ月、数年にわたって続く場合をといいます。慢性気管支炎で、さらに呼気流量が減少している場合、慢性閉塞性肺疾患として扱われます。

慢性気管支炎の鍼灸治療法
慢性気管支炎の鍼灸治療症例と臨床経験

慢性気管支炎の鍼灸治療症例 :慢性気管支炎患者112名、【肺透穴針】取穴:1.耳ツボー聴宮から内鼻まで貫通針。2.体針―大椎、天突、尺澤、豊隆、足三里、肺兪、腎兪。お灸。

慢性気管支炎の鍼灸治療臨床経験 :当針灸院(鍼灸院)では、多くの慢性気管支炎患者の症状を回復させてきました。今も多くの慢性気管支炎が通っていらっしゃいます。慢性気管支炎患者の一人一人の症状に合わせて、当針灸院(鍼灸院)はきめ細かな針灸治療を行っています。針灸治療の結果、多くの慢性気管支炎患者は咳、痰の症状が消え、正常な生活を送ることができるようになりました。
気管支炎の咳、痰などの改善には早いです。慢性閉塞性肺疾患は針とお灸の併で、薬が解決できない時にもかなり効果が発揮できます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です