慢性気管支炎の診断

慢性気管支炎の診断

気管支炎の症状があって、肺炎ではない場合、気管支炎と診断されます。聴診ではヒューヒューという喘鳴が聞こえます。たんを調べます。透明または白いたんはウイルス感染で、黄色や緑色のたんは細菌感染でみられます。症状が重い場合は、肺炎でないかどうか確認するため、胸部X線検査を行います。2カ月以上せきが続く場合も、肺癌などの疑いがあるので胸部X線検査を行います。
慢性気管支炎の検査

特に胸部レントゲンでは肺気腫、肺繊維症、気管支拡張症がなければ特徴的な異常を示さないことも多いです。ただ気管支造影では細かい変化を気管支壁に変化を表すこともあります。
慢性気管支炎の西洋医学治療
慢性気管支炎の西洋医学治療には、気管支拡張薬、去痰薬が基礎薬剤となります。。

慢性気管支炎の予後
慢性気管支炎の年齢、重症度によって異なりますが、5年生存率は40~70%になります。慢性気管支炎の高齢者では予後が悪く、喫煙者も同様の傾向があります。また、栄養状態が悪いと予後が悪くなります。

慢性気管支炎の生活注意点

慢性気管支炎軽快期,悪化する要因をまず避ける。喫煙や感染(風邪症候群など)を避ける、乾いた冬季の冷たい外気を直接吸わない、有毒ガスを吸わない、インフルエンザ流行時はワクチン接種をするなど。
慢性気管支炎痰分泌増加期

排泄しやすくするために水分補給と気管に湿り気をもたせ、痰の排泄を円滑にするために蒸気吸入を自宅で行うことも必要。慢性気管支炎の急性増悪期:感染から呼吸困難も加わることがあり、入院が必要、経過観察が必要になる場合がある。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です