慢性気管支炎の診断と予防の情報まとめ

本文は慢性気管支炎の診断と慢性気管支炎の予防についてご紹介します。

 

慢性気管支炎の診断することはむずかしく、薬剤を吸入して気管支が収縮しやすいかどうかを測定する気道反応性検査や、たんの中に好酸球という細胞が増加しているかどうかをみるたん検査など、専門的な検査が必要になります。
医学的に正確な慢性気管支炎の診断としての慢性気管支炎は、多くの場合に肺気腫をともない、からだを動かすと息切れを自覚します。
この場合、肺機能の検査をすると、最初の1秒間にはき出すことができる息の量が減っており、これを閉塞性肺機能障害と呼びます。

 

特に慢性に咳や痰が続く場合には、上に述べたような様々な病気の可能性を疑い、必要に応じて検査を行う必要があります。胸部単純レントゲン撮影、血液検 査、喀痰の塗抹・培養検査などを基本とし、必要に応じて呼吸機能検査やCT検査などを実施します。さらに、気管支鏡検査などの専門的な検査を行うこともあります。

 

慢性気管支炎の予防は禁煙と予防接種二つの方法です。

 

タバコは気管支はもちろん、肺などの呼吸器に大きな悪影響を及ぼします。免疫力も低下させてしまうため、慢性気管支炎などを起こしやすくなります。慢性気管支炎の予防のためには、禁煙が大切です。

また、慢性気管支炎という病気自体には予防接種はありませんが、病気を予防することで防げる可能性が高くなります。気管支炎の原因となりやすいインフルエンザに関しては、予防接種がありますので、毎年受けて、できるだけ防ぐようにしたいです。