慢性気管支炎の治療方法について

慢性気管支炎は人々にとって、非常にひどい病気です。痰・咳が2年以上連続し、毎年3ヶ月以上継続するものを指します。本文は慢性気管支炎の治療についてご紹介します。

慢性気管支炎の治療は、患者が、ほぼ通常通り日常生活を送れる状態であるか、日常生活に支障をきたすほど病状が悪化した状態であるかどうかで変わってきます。

日常生活を送るのにはそれほど支障がない、比較的安定した状態である場合は、咳や痰の減少、呼吸困難の改善、低酸素血症の改善、症状悪化の防止を目標とする治療を行います。

咳や痰の減少、呼吸困難の改善には、気道を拡げるβ2刺激薬、抗コリン薬、キサンチン製剤といった薬剤が有用です。咳が強いからと安易に咳止めの薬を使うと、かえって気道に痰などの分泌物が溜まりやすくなってしまうため、避ける必要があります。

症状や発作が起きた時に行う慢性気管支炎の治療は、それを鎮静させることが最優先なので、狭くなった気道をすみやかに広げる短時間作用性吸入β2刺激薬などの発作を抑えるお薬を使います。

最近は、この吸入ステロイド治療薬と、気道を広げ呼吸を楽にする長時間作用性β2刺激薬というお薬が一緒に吸入できる配合剤も出ています。

また、1つのお薬で、気管支を広げて、炎症をしずめる2つの効果がありる長期管理治療薬「アドエア」のジェネリック医薬品「セロフロ100」という治療薬もあります。

それでも症状が改善しない時や、苦しくて横になれないような状態の場合は速やかに救急外来を受診してください。