慢性気管支炎の予防方法について

本文は慢性気管支炎の予防方法を整理して、まとめます。

基本的な慢性気管支炎の予防方法である手洗いやうがいの徹底をしましょう。それから、使い捨てマスクの着用も有効です。

そして、タバコは気管支はもちろん、肺などの呼吸器に大きな悪影響を及ぼします。免疫力も低下させてしまうため、気管支炎などを起こしやすくなります。予防のためには、禁煙が大切です。

慢性気管支炎にかかった場合には安静と水分の補給に努めます。発熱は、ウイルスに対する防衛反応なので体に有利であり、安易に解熱剤を使用すべきでないとされています。ウイルスによる気管支炎の約半数では、引き続き細菌による感染を引き起こしてきます。

ビタミンAには粘液を増やして、ウイルスの侵入口であるのどや鼻の粘膜の表面をきれいにしてくれる働きがあります。ビタミンCは免疫を維持するはたらきがあり、外部から入ってきたウイルスなどから体を守ります。よって、これらビタミンAとCを組み合わせて摂ることが慢性気管支炎の予防につながります。

食べてはいけない食べ物は特にありませんが、避けた方が良い食べ物はあります。例えば、湯気が多い湯豆腐や鍋類。食べる時に湯気を吸い込んでしまい、咳の誘発を招く場合があります。また、刺激性の食べ物も避けた方が良いとされます。例えば、ポン酢、マスタードなどの香辛料が入っているものは、摂取する際に吸い込む恐れがあります。

これらの予防法を徹底すれば、辛い気管支炎を起こす可能性はグンと減らすことができます。できるだけ、予防法を実践してかからないように気を付けましょう。